2016年タワーオブテラーの怖さ増量!レベル13に!期間限定

今日電車の広告で見たのですが、2016年1月6日から2016年3月18日までの期間限定で、タワーオブテラーの怖さが増量するみたいですね(◎◎)

タワーオブテラーには怖さレベルが設定されていて、今回はレベル13なのだとか!

スポンサーリンク


タワーオブテラーが大好きな私!

落ちるとき特有のふわっとする感じがたまりません笑

毎回、ディズニーシーに行くとまずタワーオブテラーのファストパスを取りに走り、奥のアトラクションへというのが定番の回り方になっているくらいです(*´ω`)

怖さ増量ってどのくらい怖さが変わるのか気になるな~

でもレベル13って言われてもどのくらい変わるのか全然わからん!笑

なので、今回はタワーオブテラーの怖さ増量について色々調べてみました!

過去にも怖さ増量は開催されていた

調べていてわかったのですが、タワーオブテラーの怖さ増量って過去にも開催されていたみたいなんです(◎◎)

いつのまに・・・全然知らなかった・・・!

いつ怖さ増量が実施されていたのか?というと、

2012年から毎年冬の期間にで実施されていたんですって!

毎年少しずつバージョンアップしているのだとか(*´ω`)

そして2015年に実施された怖さ増量のタイトルが、

「タワー・オブ・テラー:Level 13“シャドウ・オブ・シリキ”」。

2016年に実施される怖さ増量も「タワー・オブ・テラー:Level 13“シャドウ・オブ・シリキ”」。

これは、今回実施される怖さ増量は2015年と同じ怖さ増量なのかもしれませんね!

スポンサーリンク


タワー・オブ・テラー:Level 13“シャドウ・オブ・シリキ”ってどのくらい怖いの?

レベルで言われても怖さがわからないよ~と思ったので、「通常版のタワーオブテラー」と「レベル13」と「レベル13”シャドウ・オブ・シリキ”」がどう違うのかを調べてみました!

大きく違うのは、落下回数みたいですね。

・通常版の落下回数:3回

・レベル13の落下回:4回

・レベル13”シャドウ・オブ・シリキ”の落下回数:7回

レベル13”シャドウ・オブ・シリキ”だと大中小7回の落下があるんですって!

7回はやばいですね(◎◎)

通常版の2倍以上じゃないですか!

乗ってみたいな~。2月3月だと修学旅行生とか大学生が増えそうだし、行くなら1月かな~。

じゃあ他に違いはないのか?というと、通常版とは小物や細かい演出が違うみたいですね。

「レベル13」と「レベル13”シャドウ・オブ・シリキ”」の小物や細かい演出の違いはないそうです。

レベル13と通常版の演出の違いはこちら。

プレショー(説明部分)
・ステンドグラスの映像の最後に、シリキウトゥンドゥの影のようなものが飛んでいる

本編(ライド)
・鏡の間の演出(手を振るシーンなし→即シリキの接近)
・落ちるタイミングの変化(上記のシリキが接近すると即落下)
・落ちる以外で、フワッとします。(急上昇・急停止による)
・最後の落下シーンで火花
・落ちる長さ(3つの窓があって、普通は一番下の窓で停止するが、停止せずドボン)
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

タワーオブテラーの写真撮影のタイミングは?

通常版のタワーオブテラーでは、アトラクションに乗っているところの写真撮影がありますよね。

変顔したり友達と合わせてポーズを決めたりして楽しいですよね笑

この写真撮影、「通常版のタワーオブテラー」と「レベル13”シャドウ・オブ・シリキ”」では異なるみたいなのです。

通常版だと、最上階に行って落下する直前に撮影されます。

では7回も落下する「レベル13”シャドウ・オブ・シリキ”」だといつ撮影されるのか?といういうと、3回目の落下の直前に撮影されるみたいです。

(最上階から)大落下と見せかけるフェイント→小落下→(最上階に上昇)★ここで撮影→落下

撮影のタイミングをバシッと押さえて、是非写真撮影を楽しんでください(*´ω`)

まとめ

以上、2016年1月6日から2016年3月18日までの期間限定で開催されるタワーオブテラーの怖さ増量ついてでした♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事(広告含む)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする